油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

適正油温って何℃?

2輪/4輪、ストリート/レーシングを問わず、マニュアルには、油温管理(≒適正油温)のことが記載されていませんよね?

じゃあ、その車両(エンジン)で、ベストな油温は何℃なのか?疑問に思われたり不安になられた方も多いと思います。

結論から言うと、適正油温≒85℃±5℃です!

ほぼ4STエンジンの全車両は、この油温を設定温度として設計されていると思われます。

なぜかというと、オイルに配合されている様々な添加剤(※特にFM剤関係)の性状性能のピークが、この温度≒85℃±5℃にあるからです。
自ずと、エンジン設計も、それに合わせることになるはずだからです。

たぶん、当り前すぎて記載していないんでしょうかね?

(よく、「このエンジンは、油温が高めの設定だ/設計だ」とかの書き込みを見かけますが、99%そんなこと無いはずです。おそらく、エンジンルームのレイアウトやその他構造などの理由/原因から、もしくは使用アベレージスピードが違う欧州車を日本で使用したとかの理由から、油温が高止まりしてしまっているだけのことだと思います。)

ですから、油温は85℃±5℃を目標に、管理していって下さい。

(この話は、日本のトップチームの代表者の方でもご存じないケースが多々ありまして、何かの話しの時に説明したら「へぇ~!良いこと聞いた!初めて知ったよ!!」なんて言われたこともあります(^^;))


ただし、油温(※特にレーシングユースの場合)は、なかなか90℃以内に治めるのが難しいと思いますから、もう少し高い温度で走行されているケースが多い(ほとんど)だと思います。

ただ、知っているか?知らないか?話しですが、けっこう大きなポイントだと思いますから、あえてアップしておきます。


以下の話しは、別項で、たっぷり&みっちり&こってりしようと思っていますが、適正油温に近づけるためにも&適正油温を大きく越えた常用油温下での性状性能の維持ためにも、オイルの選択は重要だと思います。

前者のためには、高い低μ特性を有していないと難しい(不可能)です。
低μ特性とは、単純に低フリクションのピーク値(≒一番摩擦係数が低いところ)だけでなく、ストライベック曲線上での、それぞれのカーブ波形&数値が良好でなければ実現できません。

後者のためには、基油部分の配合処方と、それに最適化した配合添加剤類のバランスが必須になります。
(3種程度の配合基油では、まず無理!その基油部分に、DIパッケージ添加剤の配合処方では、まず無理!だと思います。)

とどのつまり、通常の一般市販品では、最適な油温管理に近づけることなんて、不可能なんです・・・(>_<)
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。