油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

オイルの交換サイクル>ミッションオイル(オートバイ)

■オイルの交換サイクル>ミッションオイル(オートバイ)

オートバイ等のミッションオイルのほとんどが「ドッグ式ミッション」ですから、結論から言うと「性状性能が優れた4STオイル」の方が向いている/良い!ことになります。
ですから、通常は、エンジン油(4STオイル)をミッションに使用します。

(この件は、また別の機会に説明します。)

ただし、いくつかの注意が必要になります。

●ミッションオイル部分のオイル容量は、低容量の場合が多い。
●ミッションオイル部分は、高い極圧性、その他高加重が掛かるので、配合添加剤の消費スピード/比率が高い。

この2点になります。

要は、どうしても有効ライフは短くなってしまうわけです。
(この点は、「有効ライフ一覧表」にも記載してありますとおり、弊社4STオイルシリーズでも、物理的に避けられない事象になります。)


■ミッションオイル(オートバイ)の交換サイクル

上記のように、どうしてもショートドレンにならざるを得ないので、かなり短い交換サイクルが避けられません。

●ストリートユース:エンジン(部分の)オイル交換×1回につき、ミッションオイル×2回交換の交換サイクル/ペース
●レーシングユース:(※一般市販品の場合)エンジン(部分の)オイル交換と同セットでミッションオイル交換のサイクル/ペース
こんな感じになります。

オートバイの場合、とにかく、バンバン交換していくしかありません!一般市販品を試用している限りは(笑)

ストリートユースの場合ですが、一番良い例/分かりやすい例ですと、ハーレー関係のショップさんでしょうか?しっかりとしたスキルがあるハーレー屋さんですと、エンジンオイル×1回交換につき、ミッションオイル×2回交換ぐらいのペースで、きちんとメンテナンスしてくれます(してくれるはずです)。
(このこと(ミッションオイル部分の交換サイクル)に加えて、そのショップさんが選択しているオイルによって、そのショップさんの程度が分かります/判断できます(笑))
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。