油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

ガソリン燃料添加剤 試用テスト>2回目

ガソリン燃料添加剤(EVO.Fuel-5※仮称)の試用インプレが、大夫ご連絡いただいてきましたので、試用テスト2回目の、ご連絡&コメント/補足いたします。

(※ご連絡を急いで頂いたので実際の燃費アップは計測できていません。)


■試用テスト:その1>4輪ストリート車
・アイドリング付近からスムーズになる。
・スゥ~っと走る。
・マイルドになった感じがする。

【ポイント】
燃料添加剤というと、もっとパワフルなorメリッとした変化を期待されている方が多いと思いますが、実は、このフィーリングは、設定通りなんです。
ピーク付近だけ燃焼効率を持ち上げるようにすれば、もっとインパクト感は、はっきり&大きくなりますし、何より単価を下げられます。ですが、こういった稚拙な性状では、多きな燃費アップは期待できません。
低負荷(≒低回転域)から、フラットに大きく燃焼効率を立ち上げていくように配合処方しましたので、こういったフィーリングになるわけです。


■試用テスト:その2>オートバイ>ミニバイクコース(4MINI、NSR50
・インパクト感はないが、間違いなくトルクアップしている。
・はっきり体感できる感じはしないが、トルクアップしているのは間違いない。

【ポイント】
ここも「試用テスト:その1」と同じことです。
ミニバイクコースのようなショートコースでは、体感フィーリングで差を判断するのは難しいんじゃないか?と考えています。
そういったショートコースの場合、アベレージタイムが確実に短縮していることを確認するしか、判断の基準になりづらいと思われます。
(まだまだ気温が寒い時期ですので、あまりペースを上げることもできなかったようで、とりあえず効果があることは確認できた程度ですね。)


■試用テスト:その3>オートバイ>ミニバイクコース(NSR50SP)
このテストでは、結構中身の濃い情報を頂けましたし、何より、一番懸念していた2STエンジンに対しての効果の減退具合がほとんど無いことがはっきりして>ホッとしました。

・アイドリング時から、ライダー本人だけでなく、周りの人間もはっきり分かるぐらいエンジン音が静かになった。
・パーアップという感じより、全体的にトルクアップしている感じがする
・走行後の焼け(ピストントップ)が、通常だと「手のひら状or楓の葉っぱ状」に出る(※他社オイル使用です)のに、EVO.Fuel-5使用>走行後は、ピストントップ全体に(ほぼ)均一に出る!?
・走行中、水温が65度から74度7と9~10度アップしている!

【ポイント】
本当にありがたい&重要な試用インプレです!
基本的なコンセプトとして、4STエンジンで&バイオガソリンによるパワーダウンを補填>燃費も補填としていました。
選択したメイン基剤(特殊清浄剤)が、とあるレース用ガソリンに採用していた&実績のあったモノですから、2STエンジンに対しても充分な効果があることは、事前に分かっていましたが、
どうしても効果の減退(≒4STエンジン使用時と比較して効果が落ちる)があるはずですし、何よりオイルをインジェクトして潤滑していますから、使用オイルによって効果が想像以上に変化してしまうはずなんです。
ですが、今回の試用テストで、作用の減退がほとんど無いことが確認できましたし、想定以上に選択オイルによる影響も少ないことが分かりました!

ここで重要なのは、
○アイドリングからの静粛化です。
>これは、極めて低負荷(低回転域)からキッチリ性状(燃焼効率)が立ち上がっている証拠になります。爆発の粒が揃うから、静音化する>マイルドな感じになるわけです。
★ここまで効く(効果がある)とは、ちょっと自分でもビックリです(笑)

○焼けの変化
>これも極めて重要なポイントになります。燃焼伝搬は、通常燃焼室センター付近にあるプラグ電極から広がっていくわけですが、選択したオイルによって、この伝搬効率はかなり悪化してしまうんです。
で、一番出力に重要な&影響のあるのが、一番伝搬が届きにくい(<距離が一番遠い&狭いから)スキッシュエリアなんですが、月並みな2STオイルだとここの性状が悪く、上記のように中心部分にしか焼けが出ない≒スキッシュ部の温度分布が低いことになってしまうんですね。
で、EVO.Fuel-5を使用すると、オイルによる伝搬効率の悪さ(≒阻害しているといってもよい)を飛び越えて、燃焼伝搬していることになります!
>オイルによる性状の減退は、想定以上に少ない≒気にしなくてもよい(※もちろん一部オイルは除く)ということが分かりました!

タスクEVO.2TSS系のオイルを使用した場合、元から焼けは、ピストップ全面に薄く&固く&均一に出るのですが、これにEVO.Fuel-5を常用した場合どうなるか?特にストリート2STバイク?興味津津です。
(もちろん悪い方には行きません!>排気側のカーボンがかなり減少するような気がします。)

○水温の大幅な上昇
>燃焼温度が大きく上昇している証拠です。同条件下で燃焼温度が上昇(向上)しているということは、体感以上に出力向上していることになります。
しかもこれだけ水温が上がっているとなると、4~5%出力アップというのは、かなり控えめなアナウンスになりますね(笑)

ただ、自分としては、レギュラーガソリン車に無鉛ハイオクを使用した場合(いずれもバイオガソリン)、体感フィーリングがアップしても、実燃費向上にあまり寄与しない(<おそらく、点火マップの補正がオクタン価アップに追いついていないのでは?)ことから、STDのECUマップ(定量マップ+加速補正分)内で充分効果が発揮されるように配合処方したのですが、ここまで燃焼効率が変化(アップ)するとなると、少しキャブセットは補正した方が良い可能性が高いです。
(途中で、レースユーザー向けに高濃縮タイプに少し変更したのですが、おそらくこの時、自分の想定/配合処方以上に性状性能がアップしてしまったんじゃないかと思われます。>やり直すの面倒臭いから放置(笑))
それが、A/SやP/Sの補正程度で済むのか?本格的に全体にやり直した方が良いのか?自分ではちょっと判断がつきません。>まぁ、これはユーザーさんにお任せするしかないですね。


■試用テスト:その3>オートバイ>フルコース(ドカティ/レーサー)
最後に、本格的な車格で&高額/高精度なデーターロガーを使用してのレポートになります。
試用テストされた方のFacebookでご覧になった方も多いと思いますが、以下が、使用時の空燃費の変化です。
同条件下で空燃費が薄くなれば、それだけ燃焼効率が向上していることになります。
こうやって、数字(グラフ)で、燃焼効率の分布を目にしてみると、ここまで補足コメントしてきたことが、はっきり分かりますね。

【ポイント】
(解像度が少々小さいので申し訳ありませんが)
パワーバンド領域(=赤色部分)の空燃費が、全体に&大きく薄くなっていることが分かります。
12.5~13.0>13.0~13.7
かなりの変化率(向上率)ですね!

EVO.Fuel-5_ドカティ1


ご本人は、パワーバンド領域についていろいろとコメント/レポートされていますが、自分としては、低~中回転領域(青い部分)の変化率の方も特出していると思いました。
ここも、全体に&フラットに空燃費が薄くなっていることが分かります。
つまり、低回転領域から、フラットに燃焼効率がアップしていることを、ロガー波形で確認できることになりますね。

上述のミニバイク2STレーサー同様、燃調を少し補正した方が良いかも知れません。(>ご本人もトライされるつもりのようです。)
触った方がより良くなるか?、このままでも充分なのか?は、潤滑油屋の自分では、はっきり申し上げられませんので、これも各ユーザーさんの今後次第ということになりますね。

今回はデータロガーにてのレポートを頂いたので、よりはっきりしたわけですが、
これが実走になると、体感インパクトは、やはり少ないと思います。
フルコースを走向してみて、いつもよりシフトポイントが手前だな、いつもよりストレートエンドの回転数が高いな、こんな程度だと思われます。
くれぐれも「素人受けしない>玄人向け」性状性能だということを、お忘れなきように(^^)/
(TaSK製品は、ほぼ全てこんな感じです。)


■総評
今回は、かなり突っ込んだ>中身の深い試用レポートを頂けました。
ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>

今回の試用レポートで、設定した性状UPが(少々想像以上!?)に発揮されることが再確認できましたし、
性状特性も、想定通り、低回転域からフラットに&全体に持ち上がっていることも確認できました。
また、懸念していた2STエンジンでの効果減衰も、ほとんど無いことが確認できました(<これは、本当に助かりました。>ロータリーエンジンでも100%大丈夫ということになります!)

これでOKでしょう(^^)/

こういった性状特性なら、ストリート一般使用はいうまでもありませんし、
2輪/4輪レースユーザーにも、はっきり効果が見込めます!

たぶん、見落としていると思いますが、
こういった性状性能なら、コースコンディションが不安定なオフロード/モトクロッサー等で、より大きな効果が期待できますし、
ジェットスキーマリンボート等では、更に効果が大きく発揮されると思います!
(↑こういったフラットな性状特性じゃないと、ペラのトラクション(≒押し出し)が下がってしまうからです。分かりますよね??)
スポンサーサイト

 
 

Comments


 
<- 04 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
2375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
173位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login