油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

4STオイル(2L缶)、(珍しく)在庫多です(笑)

■4STオイル(2L缶)、(珍しく)在庫多です(笑)

(いわゆる)シーズンOFF期ですので、例年ですと、受注量が少ない≒在庫量が少ない時期なのですが、珍しく4STオイルシリーズの2L缶の在庫が(比較的)多いです。

その理由は、
●1)年末~年始に掛けてデリバリされたヤマハR25向けの受注件数が多かった。
●2)(同じく)CBR250Rドリームカップ/他レース向けの受注件数が多かった。
●3)早くも、DE耐上位狙いのユーザー様からの受注件数が多かった。

H27年度より、BO対応生産を3回/月へと大幅に増強いたしましたので、在庫無し>BOとなってもそれほどお待たせいたしませんが、購入タイミングよりもシェイクダウンのタイミングをしくじると、これからのシーズンをハンディを背負ってのレースになってしまいます。
そちらの方が重要じゃないか?と考えています。

それぞれのポイントを簡単に触れておきます。

●1)For ヤマハR25

Facebookやブログ等で、既にシェイクダウンやナラシ走行、とりあえず走り出してみたといった方々を多く拝見しますが、既に、スタート時点でしくじっていることが多いんです。

以前より触れていますが、そのエンジンの>主要シュウ動部面粗度は、新車or新車に近いタイミングで使用した(≒初めに使用した)オイルでほぼ決まってしまいます。
その後に、通常使用/メイン使用するオイルに変更しても、(いわゆる)「オイルのナラシ」での面粗度履形成は行いきれません/しきれません。
ですから、新車時or新車に近いタイミングから、以降に使用する予定のオイルに充填し直して、(一般的な)「ナラシ」に入るのが、基本中の基本/セオリー中セオリーなんです。

(多くの方が、とりあえず払出し状態で走り始めてしまった方が多いように感じています・・・。)

まだ、実走ナラシが、それほど進んでいない方がいらっしゃいましたら、なるべく早いタイミングで再考していただきたいところです。>早ければ早いタイミングで仕切り直した方が、ダメージは最小限に抑えられます!

オイルの選択粘度ですが、ASEAN製造車両の多くがGQが甘いのか、本来の設計粘度基準ベースの粘度では、ミッション回りに不具合が発生してしまうことが多く、重め(固め)の粘度を選択せざるをえないケースが多かったので、ご注文いただいた方には、様子見を兼ねて、#35/#38を選択していただきました。

その後、実走インプレやエンジン分解写真をかなり拝見しましたので、R25に関しては、通常通り#25/#28が基本選択粘度でOKだと想定しています。
(ファクトリーフィルは10w40ですが、現行エンジンのほとんどは、環境基準(≒低燃費性)をクリアするために(一部の車両除き)ほとんどが#30設計です。特に、ヤマハ/スズキ車両は、#20のLow~Midレンジぐらいまで、なんも問題もなく落とせますし&落とした方が逆にミッションフィールが良くなったりする/エンジンパフォーマンスがより向上するケースが多いようです。)

●2)For CBR250R

これも、新車or新車未使用に近いタイミングで、以降使用していくオイルに交換してから実走に入るのが、(特に)重要になります。

特にCBR250Rは、かなりQCが悪い作り込みの上、各部品の材料の耐久性が低いようなので、この段階での対応(オイル)をしくじると、かなり早いタイミングからパフォーマンスの低下/トラブルの発生が続いていきます。
※特に深刻なのはミッション回りのようです。>ここは、初回時のオイルでかなり歯面やダボ(雄型/雌型)のシュウ動部が決まってしまいますから。

実勢からの情報からすると、#30のLowレンジを切るとミッション動作に問題が生じる場合が多いようなので、EVO.4TRRシリーズなら4TRR35、その他4TRS/4TSSシリーズでしたら#28と#38の50:50のブレンド(≒約#32≒10.0cst)を、基本的な選択粘度としてお勧めしています。

●3)早々とDE耐上位者のアクション

DE耐本番までは、まだ4ヶ月近くありますが、優勝~上位入賞狙いの方々は、流石にアクションが早いですね!?

DE耐のポイントは、
・まず、絶対にエンジントラブルを起こさせない>仕様に問題がなければ、オイルで大きく左右される。
・絶対タイムより、安定したアベレージタイムと低燃費性。
 >タイム自体は、2分40秒台中後半~50秒台前半で十分。
 >ピット回数は、絶対にライバルチームから1ストップ(以上)減らす。
です。

(逆に、上記をクリアできないと、優勝争いは難しいと思います・・・。)

上記のポイントを強烈に/大幅に/簡単にアシストするするのが、選択する油脂類(オイル/ケミカル)なんです。
(これを、ハードだけでクリアしようとすると、かなり難易度が上がりますし&製作・維持コストも上がりますし、何より「ハード的なリスクが大幅に増大してしまいます・・・。)

この時期から本番使用オイルと同品を購入されるというのは、昨シーズンのエンジン仕様に何らかの手を加えたor変更を加えたということなんでしょう。

本気の現われってことですね(^^)/

DE耐エントリーチームは、弊社製品ユーザー様が多いので、今年も(<ここ重要(^_-))良い結果を出していただきたいものです(^^)/

スポンサーサイト
 
 

MAVICフリーハブと純正フリーオイル

今日、Facebookを眺めていたところ、なかなか興味をそそるタイムラインを目にしました。

(▲他にも、UPしなければいけない内容が山ほどあるのに、全く困ったものです・・・。>皆さん、ご迷惑、お掛けいたします。)

そのタイムライン(記述)は、「MAVIC社製のフリーハブ部分のメンテナンス(≒グリスアップ」についてです。
なにやら、特殊なケミカル(メンテナンスオイル)を使用して&特殊なメンテナンスを&かなりの頻度で行わないといけないようで、かなり興味をもちました。

早速ググってみますと、かなりの記述(ブログ)がヒットします。>しかも、作業時の写真付きなものが多いので、大変参考になりました。

どうやら、
・非常に高い頻度(原則2000km毎(人によっては1000km上限)、もしくは、ウェット走行日毎)に、メンテナンス(>純正フリーオイル塗布)を行わなければならない。
・メンテナンス(≒オイルUP)には、必ず、純正フリーボディ用ミネラルオイル(通称:フリーオイル)を使用しなければならない。社外品、特にちょう度の固いグリス類は厳禁。
が、共通の内容(ポイント)でした。

作業時の各部品等の写真がUPされている内容が多かったので、いくつかのブログ記事を拝見してみて、上記ポイントの裏付けとなる構造>構造から要求される性状については、大方検討(察し)は着いたのですが、
一点だけ、「社外グリスを使用して大失敗した!?純正フリーオイルでやり直した!?」という記述に合点がいかなかったので、W師匠に、新年早々連絡してご教授いただいてみました。(>けっこう大変でした・・・(^^;))


■W師匠の考察:

ご連絡差し上げた際、ずいぶん良い心持ちに出来上がっておられたようで(笑)、キーボードの操作もおぼつかない状態のご様子・・・(^^;)。
結局、W師匠の舎弟各の方に、MAVIC社のオフィシャルサポートを受けておられる方がいらっしゃるので、その方に確認(裏付け)取っていただいて、再度ご連絡いただきました。
ちょっと想定外の理由もありましたが、以下の通りです。

●この構造/頻度の高いメンテナンスのメインな理由は、(常々アナウンスしているように)ほとんど意味のない「空回し」(≒無負荷orそれに近い低負荷条件下)での軽さに特化したため。

・シュウ動抵抗のメインの一つでもある「シールのくわえしろ」をかなり甘くして(勘合を弱くして)、フリクションを低減してある。⇔ただし、そのため防水性(遮水性)が極めて低下してしまうため、頻度の高いメンテナンスが必要になる。(>※想定通り)

・ラチェットボスの抵抗をを低減するため、ラチェットボス自体の数を少なくしてある(最低限の数にしてある)。(>※想定通り)

・さらに、ラチェットボスS/Gのレートを極端に下げて、ラチェットボスの作動抵抗を減らしてある。そのため、ちょう度の高い(固い)グリス類を使用してしまうと、ラチェットボスが張り付いたような状態になって機能しなくなってしまう。>そのために粘度の低いオイルを純正指定している。(>▲これは想定外!?)

・防水性(遮水性)の低いシール性に加えて、粘度の低いメンテナンスオイルを使用するため、あっと言う間に揮発or流れ出ししてしまい、結果、かなり早いメンテナンスサイクルが必要になる。

●取扱店の利益率確保/向上のため(もある)

自分が拝見したブログの方々はご自分でメンテナンス作業されているようですが、実際は、大半のユーザーさんは取り扱い店(ショップさん)で、有料でメンテナンスされているはずです。
また、ラチェット音が大きくなるタイミングで、既にラチェット部は、変形したように大きく磨耗してしまっていますから、本来はその部品代も発生するはずです。>1回はオイルUPで済ましても、2~3回目には交換が避けられないと思われます。
結果、取り扱い店(ショップさん)は、工賃&部品代が儲かるわけ(>▲流石に想定外でした・・・)


結論として、意味のない「空回しの軽さ」を特化したため、実質的なメリットが少ないというのがFAでした。
(自分も、そう思います・・・。)


常々申し上げていますが、例えば、下り坂を漕がない状態で下ってくるシチュエーション下で、既にパーセンタオイルの大半は、境界潤滑領域の序盤~前半になります。
この無負荷or無負荷に近い低負荷での判断は、全く(実質的な)意味がありません。
もちろん、全領域でμをナローに&平均的に下げることが出来るのであれば、それに越したことはありませんが、少なくても、空回し領域では、全く判断にならないのです。(>条件(負荷)が掛かってナンボの世界が、自分ら油屋(トライポロジー専門職)ですから。)


■具体的なMAVICフリーハブ>メンテナンス考

まず、この「MAVIV純正フリーオイル」に拘る必要は、全く(に近いニアンスで)無いと思います。
セールストークである「シールの保護性(⇔腐食性の無さ)」は、別段、無極性指数が高ければ(≒極性が高くなければ)全く問題になりません。
問題は、ちょう度(粘度)の高いグリス類が使用できない。or一番の持ち味である「空回しでの軽さ」が大きくスポイルされてしまうことでしょうね?>良くも悪くも、ユーザーさんは、これに拘って使用されているでしょうから。
(もちろん、後先考えないで空回しの軽さ(のみ)を追求したいのでしたら、シリコン油やCRC556のような防錆潤滑剤の方が、もっと軽くなります。ですが、全く意味がない。)

ちなみに、この純正フリーオイルは、特別な配合処方が施されているわけでもなく、名前(ミネラルオイル)の通り、ただの安価な鉱油そのまんまorそれにFM剤がアドオンされているされている程度のモノです。
(たぶん、原価で¥1~2/50cc>容器題の方が高い(笑)なんじゃないでしょうか?)

具体的なメンテナンスプランとして、下記のメンテナンス方法を推奨します。

●パターン1:
ラチェット部分のシュウ動部に、極少量のEVO.BOOST原液を塗布(>塗りすぎないように、綿棒等に塗布してから塗るような方法が良いと思います。)、その後、通常通りMAVICフリーオイルを塗布する。
(>この場合、有効ライフ(≒メンテナンスサイクル)の延長は難しいので、指定度取り、1000~2000km毎のメンテナンスが必要になると思われます。)
これだけでも、乗車時のフリクションは大幅に低減されますし、何よりラチェット部分の磨耗は、かなり減少できるはずです。

●パターン2:
ラチェット部分のシュウ動部に、(上記同様)EVO.BOOST原液を極少量塗布、その後は、(オートバイ等のミッションオイル使用耐えうるオイルで)粘度#40~#50のエンジンオイル(例:EVO.4STオイルシリーズ)+EVO.TLFOM(10~15%)ブレンドしたモノを、指定通り塗布する。
(>シールの遮水性が低い構造なので大幅な有効ライフの延長は難しいと思いますが、基油部分の性状が上がった分有効ライフは向上すると思われます。)
基油部分の総合的な性状性能のUPに加え、2種類の特殊有機Mo吸着膜の相乗効果がありますから、低フリクション性は、大幅にUPすると思われます。

●パターン3:
純正フリーオイルの変わりに、「EVO.ChainLUB」(※のみ)を、同量程度、使用する。
※シールの内周部への塗布が特に効果的。
(>EVO.ChainLUB自体、高い防水性&防汚性がありますから、大幅な有効ライフの延長が可能になると思われます。)
(実際チェーンメンテナンスにご使用の方はお分かりだと思いますが)このEVO.ChainLUBのメイン基剤は、EVO.BOOSTに配合処方している特殊有機Moをベースに、更に改修(再配合処方)したもので、ラチェット作動部の高い極圧性にも十分耐えうる性状を有しています。また、浅い(軽い)負荷領域(≒混合潤滑領域の中盤~後半)にも低μ特性を高めるため、グリセリン系基剤の物理吸着層を形成させるようにしていますから、低負荷下での軽さもスポイルしません。
☆このパターン3が、一番安価で&効果が高いと思われますね。
 
 

■シマノ「CN-9000」チェーン、その他に関してのお問い合せ

■シマノ「CN-9000」チェーン、その他、に関してのお問い合せ/ご質問

このお問い合せは、実は、年末に頂いていたものなのですが、ご丁寧な文調の中に、かなり奥深い(>深い階層までご説明しなければならない)内容が含まれていますし、また、ご回答するにあたり、かなり広範囲な(高階層な)説明をしなければならないと考えています。

ご質問(お問い合せ)頂いた内容に対して、その部分だけ単的にご回答しても、おそらくご理解いただけないと思うのです。
(>いわゆる「長話」せねばなるまい!ってことになる訳です(笑))

(※以下、お問い合せいただいた原文そのままです。)
*********************************************************************************************
はじめまして。
ブログのを拝見させていただき、藤野氏の豊富な知見と並々ならぬ情熱に感銘を受けチェーンオイルを一つ購入させていただきました。
当方はロードバイクが趣味で、チェーンオイルや駆動系の表面処理に興味があります。工学部を出たわけでもないので高校の物理や化学レベルから少しでも藤野氏の仰る内容を理解しようと勉強に勤しむ毎日です。
さて、ここで本題なのですが、シマノ製CN-9000というチェーンがありまして、プレリリースでは表面にPTFE加工を施したチェーンと伝えられているのですが、藤野氏はこのチェーンに対するもっとも適正なチェーンオイルはどのようなものだとお考えでしょうか。
9000チェーンに対し市販のドライ系オイル(AZ製)などを使用してみたのですがどうも以前(旧モデル7900系、ジンクアロイ処理だと伺っております。)より油膜切れが早く、さらに10速→11足化によりブレード部が薄くなったため以前にもまして切れやすく寿命が減ったと感じます。
これではまずいと思ったのか、去年シマノ初の純正チェーンオイルが発売されたのですが、PTFE仕様とノーマル仕様の二つがあり、推奨条件などはアナウンスがありません。問い合わせましたが、常識の範囲内で通常使用してくれ、といった回答でした。正直自転車ごとき何を使ってもそこまで変わらないといったユーザーを馬鹿にした態度が見えてくる気がします。
また御社のブログを見る限りでは、大手製品でよくセールストークにあるにPFAEやPTFEといった文字は見えないのですが、やはり一つ思想あってのことでしょうか。藤野氏のチェーンオイルに対するお考えをお聞かせ願いたいです。
もう一つ、EVOLUTION.TLFOM-Greaseについてなのですが、こちらは防水性については如何でしょうか?マルチユースとのことですが、組み付けにとりあえず使う潤滑用であって、BBなどの泥水の侵入がある部分の使用は避けた方が良いでしょうか?
突然の長文の非礼をお許しください。ここまで読んでいただきありがとうございました。
*********************************************************************************************

上記のご質問(お問い合せ)に対して、しっかりご理解いただくためには、

■シマノ「CN-9000」チェーンに対しての考察
■チェーンに関する基礎知識
 ●1)チェーンの作動内容から要求される性状性能
 ●2)要求性状からの(具体的な)配合処方
 ●3)実勢下での誤解(事実誤認)/製品の氾濫に関して
■シマノCN-9000とEVO.ChainLUBについて
■「シマノの迷走!?」
 ●1)現行~近年モデルチェーン/チェーン用ケミカルへの考察
 ●2)その理由は?
■W師匠からの補足コメント>W師匠はどうされているか?
■二つのグリス(EVO.BOOST-GreaseとEVO.TLFOM-Grease)
 ●1)レーシングTaSK各グリスの概要/特徴
 ●2)二種類のグリスをラインナップしている理由>それぞれの使い分け

おそらく、ここまで多階層で&「広義にご説明しないと、ご理解いただけない(≒理解できない)と思うのです。

流石に、これだけの内容を、1日で一気にUPするのは不可能ですので、上記の各項目を、それぞれUP>リンクになるように記事修整のスタイルで、対応させていただこうと考えています。

では!乞うご期待!!
(※といっても、これだけで1ヶ月ぐらい掛かってしまいそうですが・・・。)
 
 

新年のご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。

昨年中は、多くの方々からご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
今年も宜しくお願いいたします。

本年度(H27/2015)を迎えるにあたり、以下の2点を改善いたします。

●1)BO対応生産を、3回/月に、大幅に増加。
●2)ブログ「油屋本舗」へのUPを、毎日UPへ徹底。

BO対応生産を3回/月に増加することで、お客様にお待たせする日数を大幅に短縮することができますし、現行通り、1缶or1個のBOでもBO対応生産いたしますから、在庫ストック量も従来以上に発生することになると思います。

また、納期も、(去年までの約14日から)原則約10日と、大幅に短縮いたします。

レース関係のお客様も、これで、スケジューリングがかなり容易になると思います。

ブログ「油屋本舗」のUPですが、些細な内容であっても、このぐらいの頻度でUPしていかないと、とにかく溜まり溜まってしまいますので、これぐらいの気持ちで臨まないとダメ!っと、昨年、深く反省した次第です・・・。

 
<- 01 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
58位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。