油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

レーシングTaSK 4STオイルシリーズ 効果 その②

少し、具体的に「こんな効果がありますよ」「こんな風に変化しますよ」といった内容を、なるべく平易な言葉/表現で挙げていきます。

(あまり整理立って書こうとすると、筆が止まってしまう/進まなくなるので、思いつくまま順不同で書き上げていきますね。)


■エンジンフィールの変化(>超高速/高出力電気モーターのような体感フィーリングに近づきます。)

低μ特性を特化していくと(≒①低μ値のピークを下げる②EHL領域下でのピーク付近のカーブをナローにする(≒フラットに近づける)③EHL領域下のピーク付近のカーブのエリアを広げる)、どんどん超高速/超出力電気モーターのようなフラットな出力特性に近づいていきます。
(現実的なエンジンを例にすると、フリクションが数十分の一になったロータリE/Gと言った方が、想像がつくでしょうか?)

エンジンのシュウ動部だけでなく、その他構成部品へのストレスも大幅に低下しますから、各パーツのライフも大幅に向上します。
☆駆動部~サスペンション~タイヤに及ぶまでプラスの方へ影響しします!

また、アクセレーションの向上に直結しますから、総じてタイムアップに直結するわけです。
タイムアップだけでなく、スピン/コースアウト/転倒等のヒューマンエラーも大幅に低減するわけです。

ただ、良いことばかりでもありません。
こういった体感フィーリングの場合、面白味がない>パンチ感が希薄と錯覚されがちですから、ゴテゴテの改悪チューンを由としている方々には受けが悪いんです。

「玄人受け」しても「素人受け」し辛いキャラクターということになります(笑)。


■具体的な実数値での出力向上について

●簡易シャーシダイナモ:ダイノジェットやボッシュ等の簡易シャーシダイナモでの出力向上は、平均で4~6%向上する結果か出ています。
ピーク付近だけの向上では無く、こちらが設定している通り、低回転域から万遍なく出力カーブの向上が確認できています。

(▲ただし、簡易シャーシダイモの等の計測値は、誤差等の成功再現性が疑わしいので、自分はとしては参考程度に思っています。)

●エンジン単体計測(DIベンチ等):残念ながら、一度大手車両メーカー研究所の後輩にサンプル出ししたことがあるのですが、彼らレベルであってもこうゆうレベルの油脂類の経験がないようで、きちんとした計測が行えませんでした・・・。

(比較対象としたオイルの低μ値から約75%以上向上しているのに、差異が生じないことは、逆に物理的にあり得ませんから。>検証方法/手順に何らかの問題があったんじゃないかと思われます。)

ただし、これだけは言っておきますが、「だから、こいつら/彼らは凄い!!」んです!油脂類のウエイトがゼロに近い状況で、これだけのエンジンを造ることができるわけなんですから!>世界を圧巻する結果を出せるわけですから!
もし、彼らが油脂類の使い回しを覚えたら、とんでもない凄いことになると思います!!

●コーナー脱出速度(コーナー脱出初速):(これは、車種やライダー/ドライバーで大きく変化してしまう/バラついてしまいますから、全日本レベルの比較的大排気量車を例とします。)

データロガー上での脱出速度初速の平均向上度は、約4km/hアップになるようです。

これは、単純にピックアップの向上だけでなく、コーナー進入時からの向上~コーナリング時の回転数の向上~アクセレーションの向上などの複数の理由によるものと思われます。

また、コーナー脱出速度の向上は、そのままストレートエンドでの最高速UPに直結すると思います。

☆ちょうど、RAMエアBOXを取付けた際の変化(向上)に近い感じになるようです。

●シフトポイントの向上:データロガーを見るに、車種やライダー/ドライバーの技量に関係なく、シフトポイントが、手前に手前になるのがはっきり確認できます。

ストレートエンドでの回転数や速度が大きく向上すのは、この点も大きいと思われます。

●最高速(ストレートエンド):コースにもよりますが、平均で約4%強の向上となります。(>実数で見ると結構大きな最高速度UPとなります。)

特にSUGOサーキットのような、最終コーナーの初速が小さかったり、上り傾斜で負荷が大きいようなコースで、最高速度PUの度合いは大きくなる傾向にあるようです。

(ハードパーツ等のチューニングで、最高速度を4%UPさせるためには、相当なコストが生じると思います。)

●ベストLAPタイムのタイミング:個人的には、いかに早いタイミングでベストLAPタイムが刻めるか否か?が重要なんだと思いますが、弊社オイルユーザーさんの場合、かなりレースの終盤でベストタイムを出される方が多いことに気が付きます。

ある程度レースの終盤で良いタイムが出せるのは、エンジンのタレ(出力の低下)だけでなく、タイヤの消耗やサスペンションのタレ(≒減衰応答性の低下)が、ある程度少ない/減少している一つの証明になっているような気がします。


スポンサーサイト
 
 

レーシングTaSK 4STオイルシリーズ 効果 その①

未だに、どう書けば(説明すれば)良いのか?分かっていない状態ですので、皆さんに馴染みの深い「基本性状表」の各項目から「特徴」を説明してきましたが、ベースになる最低限の知識の分もサルベージしながらの説明でしたので、レーシングTaSK4STオイルシリーズの特徴説明というより、一般論+@になったしまった感があります。

この項からは、もう少し具体的に「こんな風に変化しますよ/向上しますよ」といった、具体的な「効果」について説明していこうと考えています。


■3つの主な効果(目的)

(いきなり「かがみ」的なお話しになってしまって大変申訳ありませんが)
レーシングTaSK4STオイルシリーズには、3つの主な目的/効果があります。

●基準油/判定油としての存在すること
●明確な数字として、動力性能が向上すること>チューニングアップレベルまで引き上げる
●明確に、ランニングコスト低減の結果になること(>チューニングアップとランニングコストを反比例させる)

この3つが、主な目的/効果の概要になります。


●基準油/判定油としての存在すること

レーシングTaSK4STオイルシリーズは、あくまでコストを度外視した自分の一つの結果(配合処方)になりますから、スキル&キャリアに長けた方がキッチリと&コストを掛けて配合処方すれば、また違ったアプローチで製品化できると思います。

ただ、現状では、総合的な判断基準で、各純正油に遠く及ばない製品がほとんどですから、モノの善し悪しの判断ができないんだと思うんです。
だから、一つの基準油の例として、明確な基準を出しておきたかったんです。

(ただ、基準油というより、目標油のような存在になってしまっている印象ですね(^^;))

それから、「何かトラブルが発生したら、100%使用オイル以外が原因」と言い切れるモノを造っておきたかったんです。

何らかのトラブルは、実際どうしても避けられないことです。ですが、きっと○○が原因じゃないか?とか、オイルの●●が原因に違いない!?とのか、あやふやな存在にしておきたくなかったのです。

オイル粘度の選択ミスを含めて、何らかのトラブルが発生した場合、100%作業者orハードパーツに原因がある!
そう100%言い切れるオイルをリリースしました。



●明確な数字として、動力性能が向上すること>チューニングアップレベルまで引き上げる

曖昧な/感覚的なフィーリングで「このオイル、調子がよいですよ」とか「保ちが良いですよ」とかいった曖昧なニアンス/位置づけの製品ではなく、
具体的に/明確に>数字として、各動力性能が向上するオイルを造っておきたかったんです。
(データロガー等の客観的な実波形/実数字に、きちんと反映されるオイルを造っておきたかったんです。)

具体的には、
・コーリング速度
・コーナー脱出速度
・シフトアップ時の回転落ち数の変化
・シフトアップポイントの向上
・ストレートエンドでの最高速/回転数
・コーナー進入時(=ブレーキング時)での回転落ち
・各区間タイム
・周回タイム(ベストタイム、コースレコード)
・レースタイム合計
・ベストLAPタイムが、いかに早いタイミングで出たか?
・各周回タイムのバラツキの減少
などが、挙げられます。

これらが、明確に&確実に、数字として向上する>オイルでこれだけ変わる(向上する)!のが、レーシングTaSK4STオイルシリーズになります。

言い換えれば、ハード的なチューニングアップに匹敵することを、オイルで実現化させようと製品化したモノになります。

ハード的なチューニングの場合、対応バンドがタイト(ニッチ)になっていく傾向にあると思いますが、タスクオイルの場合、非常にワイド(始動直後~パワーエンドまで)に/ほぼ全領域で効果を発揮します。


●明確に、ランニングコスト低減の結果になること(>チューニングアップとランニングコストを反比例させる)

トラブルの発生は、ランニングコスト跳ね上がりに直結します!
また、近年車現行車は、2輪/4輪とも単位辺りの出力が大幅に向上していますし、構造/表面処理等も高度化/複雑化していますから、部品の交換サイクル>OHのサイクルは、どんどん短くなってきているはずです。
(また、部品強度/クオリティーの低下から、メンテナンスサイクル(部品交換サイクル)も、著しく短くなってきていると予想されます。)

元々、オイルは、この部分に直結する機能/効果がありますから、自分は、パフォーマンス的な性状性能の特化だけでなく、こういった構成シュウ動部部品の使用可能ライフ向上も性状性能に盛り込みました。

トルク変動やトラクション性能も大幅に持ち上げてありますから、シュウ動部の部品ライフだけでなく、エンジン構成部品全般にもロングライフ化を実現してあります。

また、徹底した(動力的な)性状性能は、さらに、ミッション~チェーン~タイヤ等の関連部品のライフまでも向上させます!

そして、転倒(スリップダウン)やコースアウト、スピン等のヒューマントラブルまで、大幅に減少することを忘れないで下さい!

レーシングTaSK4STオイルシリーズで、もっとも高価格のEVO.4TRRシリースであっても、一般市販(全合成油)の約2.5倍程度の価格差にしかなりません。

1レース単位~数レース単位で総合的に考えていただければ、トータルコストは大幅に低減されます。
また、1シーズン単位で更に考えていただければ、その差は、更に大きくなります。


ハード的なチューニングは、(概して)パフォーマンスアップとランニングコストが、大きく比例していきます。また、実コスト(金額)自体も、かなりの高額になるはずです。

オイル等の油脂類は、パーフォーマンスアップとランニングコストが、大きく反比例していきます!
(ただ、一般市販品に、そこまでに至る製品(オイル)が無かっただけのことなんです。)


 
<- 08 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。