油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

レーシングTaSK 4STオイルシリーズ 特徴 その⑥

■無極性指数(ノンポラリーインデックス)について

通常は「基本性状表」には記載しない場合が多いのですが、徹底した無極性としているということをきちんとアナウンスしておきたかったので、あえて記載しています。

未だに「高極性」(≒極性が高い)ことを謳っている製品が多く、「高極性」≒「高剪断性」≒「高性能」と思い込んでいる方が多いと思いますが、全然違います!全然逆です!

元々僕らは、いかに極性を下げた上で、剪断性をキープ>高めるか?ということが、(極常識的に)基油部分の配合処方のメインになります。
ですから、基油の極性は「無極性指数」>いかに極性が低いか?で管理していきます。

それは簡単な理由で、極性を上げる≒吸着性が上がると思われると思いますが、吸着性が上がるということは、引き剥がす方にも同作用してしまうので、配合した添加剤の性状が極端に落ちて行ってしまうことになります。
その分、配合量を上げても、適正(最適)ppm量は決まっていますから、それもNG。
実は、肝心の剪断性も誤差程度+@程度しか上がりません。

その他にも、いろいろとデメリットばかりですし、致命的な問題があれやこれや生じてしまいますから、僕らは、元々手を出すことすらありませんでした。
(トレンドになったことすら、無いんですよ(爆)


基本的な方向性が、徹底した無極性になるかというと、
●配合する添加剤の効きを少しでも上げたい。
設定した性状が立ち上がるなら、少しでも添加剤類の配合量を減らしたい(<厳しいコスト上の理由)
●部品のクオリティが下がっていて、従来(問題が発生しなかった)無極性指数でも、最近は問題が生じるケースが頻発してしまっている。
●剪断性を高めるのに、極性を上げて対応するなんてしない!(基油の極性を下げたまま、剪断性を挙げるのが元々(はじめから)常識)
こんな理由からです。

ざっと説明すると

オイルは、「基油」部分と配合された「添加剤」類とで形成されています。
片一方だけが機能していてもダメ(意味がない)わけで、最近のトレンドは、より徹底した低μ特性を要求されてきています(※主に低燃費性のため)ので、どちらかというと配合添加剤の方にウエイトが上がっている傾向にあります。
ですから、より極性の低い基油配合処方が求められるわけです。

また、最近は、とにかく原材料コストが厳しいので、スプーン1杯の添加剤を使用するところを、一つまみで同性状になるように(済むように)やらされる傾向が強いんです。
だから、少しでも少ない添加剤使用量で済むように、より極性が低い配合処方になっていくわけです。

最近は、コスト低減のため海外で部品が製造され>部品のクオリティが下がってきていることは、専門職の方のみならず、一般の方にも想像できると思います。
例えばO/S(オイルシール)一つとっても、ちょっと前なら140+あればまず問題なんて起こることはなかったのに、最近ではけっこう問題(トラブル)が頻発してしまいます・・・。
だから、構成部品のクオリティの低下に合わせても、極性をどんどん下げていかないとならないわけなんです。

最後に、剪断性「だけ」を挙げるのなら、基油の極性を上げるのことが一番簡単で&安価なのですが、実用レベルでほとんどメリットがないばかりか、深刻なデメリットばかりがバンバン生じてしまいますから、元々僕らには、そのロジックはありません。
(言い換えれば、頭がおかしい?レベルのロジックになります(笑))

(高極性油のデメリットについては、また後日説明します。(>ただ、面倒臭いんで「有料バージョン」にしたいですね(^^;)))


レーシングTaSK4STオイルシリーズは、無極性指数=200+と、現行では最高指数になります。
ゆえに、配合されている添加剤類の効果が、非常に高く&長く作用し続けることができるんです!
さらに、これだけ高い無極性指数を有しながら、剪断安定性(≒粘度低下性)は、一般市販品(全合成&ノンVi)の3倍~十数倍の高さをも有しています!

スポンサーサイト
 
 

レーシングTaSK 4STオイルシリーズ 特徴 その⑤

■【重要】摩擦係数>低μ特性

この摩擦係数(>低μ特性)が、実は、一番の重要ポイント(≒要)になります。

これまで、基礎性状表の各項目を挙げていろいろ説明してきましたが、何度も説明したように、「技術的にはこんなの当たり前!」って内容が多かったと思います。
(それが、基本的な/基礎レベルの技術もない業者が製品化したり、分かってはいるんだけどコスト上の制約からなかなか実現化できないってことが、ほとんどなんだと思います。)

この摩擦係数(>※以下「低μ特性」)を特化/向上させるためには、かなり技術的/コスト的な難易度が高く、極めて高いスキルが必要となります。

何か高単価なFM材をアドオンすれば良いような稚拙なレベルではなく、基油の選択>バランス、その配合添加剤の総合的な配合処方などがあって、初めて実現化できるものになります。


●低μ特性

あくまで「特性」でなので、更にいくつかの項目から「低μ特性」が成り立っています。
これらの、値の善し悪しがあって、初めて「低μ特性が良い/悪い」という評価/判断をしていきます。

(僕らは、通常端折って「μ/ミュー」って一言にしちゃってますね(^^))

・摩擦係数(=境界潤滑領域直前のμ値)
・負荷に対するμのピーク値/カーブ
>「ストライベック曲線」の「ML領域=混合潤滑領域の更にピーク付近を「EHL領域」と言います。その領域下での
「EHL領域での低μのピーク値(=一番低い摩擦係数値)「EHL領域下でのμ特性のカーブ」が極めて重要。
・温度に対するμ特性のカーブ

大きく分けて、この3項目をもって「低μ特性」を診ます。>善し悪し等の判断をするわけです。


●摩擦係数

通常は、境界潤滑領域の手前ギリギリの値を指します。>きちんとしたSRV試験器があれば、ここは簡単&正格に測定できますから。
「基本性状表」によく記載されている「摩擦係数」は、ここの数値になりますが、実際重要なのは、EHL領域下での値/キャラクターなんです。
まぁ、摩擦係数とEHL領域下での低μピーク値はほぼ比例しますから、摩擦係数の表示があれば、低μ特性の善し悪しは、最低限察しがつくわけです。

この摩擦係数も大まかな尺度がありまして、

(僕ら)
▲摩擦係数≒0.1以上>論外!
▲摩擦係数≒0.06前後>最低ライン!
○摩擦係数≒0.04>これが普通(並)じゃね?
◎摩擦係数≒0.04以下>結構μ良いじゃん!
こんな感じで診てます。

ポイントは、摩擦係数≒0.04までは、簡単に&あっさりもっていけるので、これが当たり前!といった認識になります。
0.04アンダー(以下)になると、特定の基剤の使用だけでなく総合的な配合処方を行なわないと実現できませんから、非常に高い配合処方を取っていると言うことになるんです。

ところが、ややこしいのは、一般市販品のほとんどが、僕らの常識からかけ離れてしまっていることなんです。

(一般市販品)
▲摩擦係数≒0.1以上>これが、全体の95%>特に2輪用オイルはこれがほぼ100%
▲摩擦係数≒0.06前後>3%あるかどうかレベル
○摩擦係数≒0.04>10品目以下
◎摩擦係数≒0.04以下>お目に掛かったこと無し
という状況(体たらく)なんです(>_<)

で、こんな性状性能にも関わらず、高性能品を謳ったり、意味のないセールストークでモノを売っているので、まんまとほとんどの方が引っかかってしまうわけです(>_<)
(周りにロクな製品がないので、モノの善し悪しが分からなくなってしまうんですね?>ったく、みんなで渡れば怖くない!?は、いい加減にして欲しいところです・・・。)

●摩擦係数⇔(オートバイ)湿式クラッチへの影響

摩擦係数が低いと、当然、オートバイの湿式クラッチへの影響(滑り)を懸念される方が多いと思いますが、月並みな配合処方を取れば、当然ズルズルに滑ります。

レーシングTaSK4STオイルシリーズの場合、0.04以下の低い低μで在りながら、湿式クラッチへの影響(滑り)は全くありません!

低μ特性が金属にだけ立ち上がるように配合処方しているため、湿式クラッチへの影響が出ないのです。

実は、このコントロールは、それほど高い技術ではないのです。
最近は当たり前になった可変バルブタイミングコントロールは、基本、小型の湿式クラッチのような構造をしているので、黎明期の頃、安直にμを下げるとタイミングがメチャクチャにずれてしまうので、当時みんな大変苦労したのです。で、金属にだけμ特性が立ち上がるノウハウを、その頃みんな覚えたんです。
その頃のキャリアがある人間なら造作もないことなんです。(ただし、コストが掛かるのがネックになります。)
現在は、制御機構が複数になっていますから、僕らは単純に、ひたすら低μを狙っていけば良いのが現状です。
(更に、ATFやCVTFのキャリアがあると、こういったミューコントロールは、更に造作もなくこなせるようになるんです。)


●負荷に対するμ特性(カーブ)(>EHL領域での低μピーク付近のカーブ)

ストライベック曲線(≒負荷とμの推移を表すグラフ)上で、ML(混合潤滑)領域があります。
その中の、一番μが低い付近を「EHL領域」と呼ばれている領域で、実は、一番重要&一番注視している領域になります。
僕らは、EHL領域の低μのピークをいかに下げ>エリア(カーブ)をいかにナローに拡大していくか?が、一番の課題となっています。

(この辺はオープンにされていませんし、計測も難しい(≒複数の計測値を組み合わせて算出しないと出ない)ので、一番重要に関わらず、一般の方には一番縁遠い情報になってしまうようです。この部分の善し悪しは、実走してみて走行フィーリングを確認する方が早いのかもしれません。)

当然、基本性状表の摩擦係数より大幅に低いμになりますし、このエリアを少しでもワイドに拡大していくと、よりフラットで>トラクション性に優れた>(結果)エンジンの各部品だけでなく、ミッションorタイヤorサスペンションへの負荷も大幅に低減されます。

レーシングTaSK4STオイルシリーズは、このEHL領域下でのμを大幅に低減(0.028~0.03)まで下げ>更に大きくフラット&ワイドになるよう配合処方しています。

(余談ですが、このEHL領域下の低μのピークを下げなくても(≒低μのピークに変化が無くても)、ここのカーブをフラットorワイドにしただけで、低μ特性が非常に良になったような動力パフォーマンスが発揮されます。一般市販品では、こういったところを味付けしているモノが結構ありますね。)


●温度に対するμ特性(のカーブ)

低μ特性は、負荷に対しての特性だけでなく、温度に対しての特性も、非常に重要になります。

通常(≒一般市販品レベル)の場合、配合添加剤の低μ特性が立ち上がってくるのは、70度ぐらいからがようやくで、しかもジワジワと少しづつ立ち上がっていきます。
その後、85度ぐらいをピークに(結構)低μ特性は低下していきます。
(ちょうど、カタカナ/ひらがなの「へ」の字を、左右ひっくり返したようなグラフ波形になります。)

レーシングTaSK4STオイルシリーズの場合、この低μ特性が立ち上がってくるのが異常に低温度(約45度)からで、65度ぐらいにはほとんど低μのピークに達します。その後、100度近くまで低μ特性のピークを保持(発揮)し続けます。

これが始動後からかなり激しい走行時中まで、安定して(ほぼ一定に)性状性能を発揮し続ける一つの理由でもあります。


(少し説明が長くなりましたが、この「低μ特性」の行はタスク4STオイルシリーズを説明するに非常に重要ですし、一般的な製品を判断する際も非常に重要ですから、一気にUPいたします。)
 
<- 08 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。