油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

僕が筆(タイピング)が進まない訳

■怠けている訳ではありませんが、なかなか筆(>この場合、タイピングでしょうか?)が進まないのには、訳があります。

自社製品について、どんどん製品説明をUPしていきたいのですが、なかなか筆が進みません・・・。
気ばっかり空回りしてしまって、自分でもイライラしてしまいます(>_<)

自分が、なかなか筆が進まないのには、実は明確な理由があるんです。

●基礎、基礎の基礎の知識まで説明していかないと、話しにならない。
●一般市販品メーカーと自分たちでは、起点(スタート)~プロセスが、まるで違う!

これが、明確な理由です。


●基礎、基礎の基礎の知識まで説明していかないと、話しにならない。

以前にもお話し(いや、愚痴かな・・・)しましたが、基本的な情報が、雑誌にも、ネットにも、実ショップにも、どこにもないの状況なので、結論だけパッと説明しても、全く理解いただけないみたいなんです。
かなり、手前の段階まで遡って説明してあげないと、何が何だか???状態になってしまうようです。

(自分が「話しが長い」!?といわれるのは、このせいだと思います。)

それは、まず、僕らには当たり前(当たり前の前提)のような内容が、どこにも情報として無いからだと思いうんですね。
そしてまともな(≒正しい)情報が、どこにもない>むしろ、誤った知識を自分自身ですり込んでしまうので、更に、言っていることがチンプンカンプンになってしまうようです。

特に、ネット関係の情報が、ホント!?メチャクチャで、腹を抱えて大笑いするようなデタラメなサイトが、検索ページの上位(※1ページ目とか)に上がってくるので、どんどんアナザーな方向に行ってしまうのではないでしょうか?

(以前も、大手の部品表面処理メーカーの営業さんからですら、内輪で有名な(笑)デタラメサイトのリンクを連絡されてことがあるぐらいで・・・(>_<) いや、マジ、勘弁して下さいよ・・・(T_T))

ですから、何か一つを、自社製品の説明一つをとっても、どこから手を付ければよいのか?途方に暮れちゃうんです・・・。



●一般市販品メーカーと自分たちでは、起点(スタート)~プロセスが、まるで違う!

もう一つの筆が進まない理由がこれです。

僕らは、起点(=スタート)が明確で、こういった対象エンジンに、こういった性状性能のモノを、この要求単価内で作ろう!から、スタートします。

で、じゃぁ、こういった基油の組合わせ&添加剤の配合だなって、全体を、かなり上から見渡す(バードビューみたいなイメージですね)ようにしながら、製品としての配合処方を組んでいきます。

(一般市販品は、売り込まれた基油に、DIパッケージ(≒添加剤のセット)を買うだけです。>ですから、基油がどうこう!添加剤がどうこう!みたいなセールストークになるわけです。)

ですから、一般市販品のサイトやパンフレットを参考にしようとしても、「だから、なに??」になっちゃう訳で、どう説明していけば良いのか?分かんなくなっちゃうんですよ・・・。
>で、遅筆状態で、脳味噌スティック(笑)になるわけです。


といっても、現状のままでは、「何か良いらしいよ」「とんでもなく性能良いみたい」で、怪しいオイル/添加剤の域を越えないことになりから、とりあえず、思いつくままどんどんアップしていって、後で整理/修整していくことにします。

(逆に言うと、タスク製品について、こういったところを解説/説明して欲しい!みたいなリクエストを頂けると助かりますね。)



スポンサーサイト
 
 

■偽造品対策

最近、アジアン(東南アジア)製と思われる、大手メーカーの模造品が大変問題になっているようです。

何回か模造品の写真を見たことがありますが、それはそれは見事なコピーっぷりで、むしろ感心してしまうほどです(笑)

もちろん、模造品が登場するのは、世界的にメジャーなメーカー品ぐらいですが、
弊社製品の場合、在りもののスチール無地缶/容器に、これまたテプラの汎用ラベルをペタっ!?だけですから、模造品云々レベルじゃなくてもあっさり偽造できてしまいます・・・(>_<)

ですので、タスクの場合、
容器(缶or容器orポリ袋(の表面))に、納品伝票と連動させたナンバリングを、毎回毎回&1個1個、手書で記入しています。


原始的なんですが、自分は酷いくせ字ですから(>ホントに脳障害があるんじゃないか?レベル(笑))、逆に、筆跡を真似ることの方が難しいと思います。
また、出荷量がまだまだ少ないので、このナンバリングから、実際売ったユーザーさんの貌がすぐ思い浮かべるんです!

(ご購入いただいたユーザーさんのほとんどの方が、「これ、一体何だろう??て、疑問に思われたことと思います。)

これって、逆に、結構な偽造品/模造品対策>ひいては詐欺対策になるんじゃないでしょうか?(笑)

しばらくは、この感じでやっていこうと考えています。

(問題は、たまに、発送作業に追われて、ナンバリングするのを忘れちゃうことです(^^;) ただ、仮に再販されたとしても、どこから/いつ購入されたかお問い合せいただければ、大丈夫です!ご安心下さい(^^)/)ナンバリング

 
 

EVO.ChainLUBについての誤解

■EVO.ChainLUBについての誤解

よくEVO.ChainLUBに関して、誤解されることがあります。

1)容器内の液剤がすぐに黒く変色してしまう
>これは、紫外線の僅かな併給で、液剤の「色のみ」が黒っぽく変色してしまうだけで、性状性能には、全く問題は無いんです。
>どんなに屋内に保管しても、すぐに変色してきますので、気にしないで下さい。

2)チェーンに塗布したEVO.ChainLUBがすぐに黒く汚れてしまう。
>これは、上記のように紫外線の影響を受けて黒く変色してくことと、
>あくまで特殊な有機Moをベース(※実はEVO.BOOSTに近い配合処方の有機Moなんですよ)にしているので、少しづつ、MoS2のなって潤滑してくるので、黒っぽくなってきたり、少しづつ粉吹きして当然なんです。
>※塗布後の拭上げを甘い方が、特に気にされるケースが多いのでご注意下さい。

3)飛散が止まらない、汚れの付着が気になる/砂噛みがある
>一番の原因は、拭上げが全然足りないことに起因しています。
※参考までに「拭上げが足りない例」(※ロードバイク(自転車))の写真例を挙げておきます。
(※オートバイ等の場合は、逆に、このぐらいで適量だと思います。)

※参考写真>EVO.ChainLUB 拭上げ不良/不足の(悪い)例
EVO.ChainLUB 拭上げ不良/不足の(悪い)例

 
<- 07 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
58位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。