油屋本舗

油屋本舗

元潤滑油 専門職(※守秘義務多々あり)が、皆さんの知らないオイル/添加剤の本当の話/真実/裏話を語ります。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

4STオイル(2L缶)>初出荷

本当に久々ですが、本日、先月からリリースした4STオイル(2L缶)を初出荷いたしました!

EVO.4TRR35(2L缶)

写真にしてみると、何やら巨大(笑)≒4L缶と変わらないような印象ですが、間違いなく2L缶です!

EVO.4TRR35(2L缶)

一つの方は、鈴鹿の4MINI耐久にご使用されるとのこと!

もう一つは、2STエンジンのミッションオイルに使用されるとのことです!

余談ですが、上記のようにオートバイエンジンのミッション用オイルは、オートバイ用4STエンジンオイル(※の高性能のモノ!)が最適!だということを認識されていますか?
オートバイエンジンのミッションは、4輪車の「シンクロメッシュ式」と違って「ドッグ式」ですから、低μ特性が非常にウエイトが高いわけです。
ですから、性状性能の良好な4STエンジン用オイルの方が良い/向いているわけです。

それから極圧性のウエイトが高いと、オイルの劣化(粘度低下/添加剤の消費)が少ないように錯覚しがちですが、単純に掴みづらい(体感しづらい)ことだけのことです。
なにより、シュウ動部や構成部品の磨耗が早まりますから、しばらくして倍返し食らっちゃう訳なんですね。

(ホンダ車の場合、純レーサーであっても、通常の4STエンジンオイルを推奨油にしてあるでしょ?そうゆう理由からなんですよ。)

ただし、一般市販品には、ロクな低μ特性のオイルはありません(ピークで0.10アンダーのモノすらない)し、オイル容量が少ない&高い極圧が常用されるため、ライフは相当短くなります。
>エンジンオイルの交換サイクルより、ミッション部分の交換サイクルが短くなるんですが、誤解されている方が多いように思います。

(NSF250Rの場合、エンジンオイル1回交換で、ミッションオイル2回交換とかのルーティーンになります。)

汎用的なミッションオイルを使用すると極圧性対応がメインになりますから、シフトタッチは柔らかくなりますが、節度感が曖昧になります。
>グニャッとした感触>>故に、いつまでも掻き揚げるから、足の指の皮が剥けちゃうわけ。

上記のようなきちんとした(※といってもTaSK4STオイルシリーズしか存在しないみたいですが・・・)モノを使用すると、シフトが、短く&正確に入る(>ちょうど「ツッ、ツッ」と短いストローク感で&正確に入る感じです(<うまく表現できません(>_<))
>純レーサーのような「逆テーパー」がキッチリしているミッションの方が、良く分かる/体感できるはずです!


●2L缶って、やっぱ良いですね!

実は、2L缶のリリースは、ネタパクです(笑)
(容量だけの話しですよ(^^;))

以前問い合せ/質問を頂いたオイルメーカーさんが、2L缶に凄いこだわりがあって、何でだろう?と漠然に思っていましたが、
いざ、リリースしてみると、実に丁度良い!!

自分は工数を単価に乗せていませんが、これなら呑めます(=自分が我慢できます)!
買い手側にとっても、この価格差なら、十分納得いただけると思います!

なにより、60サイズの宅配便規格段ボールにドンピシャ!!
送料も安くなるし、万事バッチグーです(^^)/

(以前、関西大手のパーツメーカーさんに、どうしても1L缶じゃないとダメだ!>見積りくれって!ってことがありましたけど、これなら未来永劫に1L缶はやらねぇよ!って言い切れますです。ドラムレベルのご注文いただけるようなら、もちろん!別ですけど(^^)/)
スポンサーサイト
 
 

本日の出荷>謎の16L一斗缶???

本日は、ちょっと面白い(と言いますか、珍しい)製品の出荷/発送がありましたので、ご紹介しておきます。

謎の一斗缶(16L)???

本日の出荷 EVO.4TSS28(16L) 他


これは、弊社特約店様 or 上得意様向けの闇製品(笑)です。

正式なラインナップにはありませんが、ランダム/イレギュラーなスタイルで、上記のお客様から(のみ)受注しています。

タスク製品は、元々価格設定が厳しい(コスト率が異常に高い)ので、16L一斗缶になってもそんなに単価は下がりません(爆)
(一般市販品のように、ペール缶になったからといって、20%前後も単価/価格は下がらないんです。)
ほんの僅かな単価/価格差にしかなりませんが、
1L辺りの製品価格自体が高いので、実際の金額差にすると、この「チョビットだけ」が結構大きいんです。


思いの外、ポチポチご注文いただいています。

この特注16L缶は、いつも受注出来るとは限りません。
基剤関係の空き缶を洗浄>再使用しているので、この空き缶がある時に限ります。

正直申しますと、結構大変なんです・・・(>_<)
空き缶をきちんと洗浄>完全に乾燥してからオイル充填>再計量ですので、結構手間が掛かります。

タスク製品は、全製品とも、工数代=製造作業代は、単価に入れていません!
それを含めてしまうと、まさに天文学的な単価になってしまうからです(笑)。

まぁ、そんなこんなで非正規品≒闇製品なんですけどね。


 
 

本日の出荷>EVO.4TSEC38 EVO.ChaiLUB50 EVO.2TRR

毎回毎回、出荷の度にアップする訳ではありませんので、そこは一つあしからず<(_ _)>

ここの所、EVO.ChainLUB50のご注文>出荷ばかりが続いてましたが、4STオイル&2STオイルのご注文をいただきましたので、本日、アップいたします。

(少々ピンぼけで、申し訳ないです<(_ _)>)

本日の出荷 EVO.4TSEC38 EVO.ChainLUB50 EVO.2TRR

■EVO.4TSEC38

■EVO.ChainLUB50

■EVO.2TRR


■EVO.ChainLUB50

もうお馴染みの定番/鉄板製品です。タスク製品としてはかなり安価ですので、良く売れます。
ただし、性状性能は、他の製品同様異次元レベルですので、言い換えればコストパフォーマンスが相当高いことになります。
(まぁ、売れども売れども、我が暮らし楽にならざる・・・の典型なんですが・・・(T_T))


■EVO.2TRR

知っている方は知っている、混合専用(≒レース用)2STオイルです。

懐かしい・・・と思われる方も、結構いらっしゃると思いますね。
何たって、一時期、全日本クラスでの実質シェア約20%ぐらいありましたから>5台に1台ぐらいが、TaSKオイルだった次期があった訳です。

(↑売り買いでの使用ですから、一切口外できませんし/いたしません!<いわゆる「突っ込んじゃならねぇ!」って話しです(笑))

当時は、「壊れないから」「部品が保つから」「焼付いてもロックしないから」な理由がメインだったようなんですが、造り手側としては、「それ以外の性状の優秀さがメインなんだぉ~」と言いたかったです。

じゃ儲かっただろう?というと、それが全然でした。
4STオイル系と違って消耗品ですから、更に尋常じゃないコスト率での価格設定をしていましたので、全く利益が出なかったです。(爆)

最近は、2STオイル自体が少なくなってきていますし、残っている製品も価格がずいぶんアップして>価格差が少なくなってきましたから、またポチポチご注文いただくようになってきました。


■EVO.4TSEC38

比較的最近リリースした4輪/ストリート専用油です。

メインコンセプトは、
・最近主流になってきているCVT車へのロングドレーン化
・最近メインとなっている低燃費車の更なる低燃費化
の二つです。

CVTは、走行パフォーマンス/低燃費性にも優れていますが、オイルが保たないという致命的な弱点があるんです。(おそらく、皆さんの想像以上かと)
そこで、自分の持ち駒全投入して、Nox酸化耐性を、他のTaSK4STオイルシリーズの7.5倍まで持ち上げてあります。
(今のところ、これが自分の限界)

更なる低燃費性に対しては、以前、とある表面処理に対してのFM剤で苦労していたときに発見したかなり特殊なFM剤を投入してあります。
最大低μのピークが摩擦係数≒0.02と、氷のμより低いので、低燃費性には、かなり効きます!
(このFM剤は、かなり配合処方が難しいので、今のところ、4輪&ストリート専用油に留めてあります。)

燃費の向上度ですが、JC08ベースで、
★近年車:    20~25%UP
★その前の型式: 30~40%UP
です。

近年型の低燃費車の場合ですと、まぁこんなもんですが、
少し前の型式車(例:MR2、ノアATなど)だと、極普通に30~40%はアップします。
(↑実際、使用した方しか信じて頂けないと思いますが(笑))


いずれにせよ、この程度の前振りだと、どんどん「油屋本舗」の記事を充実させていかないと、何が何だか???なんだろうなぁと、反省しきり。
しばし、お待ちを(^^)/








 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

佐式

Author:佐式
Racing TaSK レーシング タスク/有限会社オフィスタスク 代表の藤野隆司です。

皆さんが、日頃見聞きすることはない/できない情報を提供することで、少しでもお役に立てれば!という思いから、「油屋本舗」を開設いたした次第です。

最新トラックバック
全記事表示リンク
アクセス ありがとうございます
FC2ブログ ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1572位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。